© Michiko Chiyoda

テキストです。ここをクリックし「テキストを編集」を選択して編集してください。「テキスト設定」からフォントや文字サイズ、文字色などを変更することもできます。

Be buried deep inside 2

Statement :

どこの町にも何かしら、言い伝えや昔話が残っている。

昔そこに何があったのか大抵は跡形もなく知る人も少ないだろう。しかし、その場所を歩いてみると古い木立を揺らす風の音や、ふいに立ち上る土けむりや、陽だまりに揺らぐ影の中に、かすかに物語の気配を感じることがある。この地面の下には、かつてあったもの、起きたことが埋もれているからに違いなく、人も植物も動物も光や雨や雪や、自然のもののそうでないものも、すべては決して無くならず、埋もれ沈澱しているのだろう。私は想像を巡らす。この大地の、自分の足元に横たわる長い長い物語を。それは言葉にならなくても伝わっているはずだ。

なぜなら、私たちはすべからくいつかは土に同化するものとして大地と共に生きていると思うからだ。

Print

用紙 : 局紙 / インクジェットプリント
エディション: 10 / 用紙サイズ : 23.39 inch (W)-16.54 inch(H) : 594 mm(W)-420 mm(H)
                 10 / 用紙サイズ : 19 inch (W)-13 inch(H) : 483 mm(W)-329 mm(H)