© Michiko Chiyoda

ABOUT  PROJECT

このプロジェクトは染花のアーティストである秦碧さんから、本を出版したいので作品を撮影してほしいという依頼からスタートしました。

秦さんが本を通じて表現したいテーマは”愛と祈り”でした。

私は彼女のメッセージに触発され、広島にある重要文化財・広島平和記念聖堂にて撮影を行いました。

​撮影に際しては、”教会の中の光と影、花を捧げ、祈りを捧げる”を自分のテーマとしました。

 

 

Message from Midori Hata

命には限りがある。そんなあたりまえのことを意識しないで時は過ぎていました。しかし、2014年9月、私は乳癌と診断され、ステージはⅢbまで進行しており、それなりの動揺はありましたが、どこかで現実を静かに受け止める自分がいたのです。抗がん剤、手術、放射線治療を終えたあと、一年間の抗体療法。いつどんな状況になるのか予測 はできませんが、今、こうして元気でいることは確かです。そして、いつかは、この世の命の終わりがくることを意識できたことは、たくさんの気づきもあり、ありがたくも感じています。5年前、創作活動の拠点を、30年間過ごした東京から郷里の広島に移し、教室や展示会を広島ペースで進めていました。そして一 昨年、ちょうど戦後70年という節目の年を 迎え、改めて被爆地広島の一市民であることに思いを深くしたのです。作品集を出す「時」を与えられたように感じました。いのちの尊さ、平和への切なる願いを込め「染花・うつわ・墨文字」の世界を、ここに発表いたします。

FLOWERS IN BLISS

 

花の一生は愛おしく美しい。

新芽がひょっこり顔を出した幼いすがた。
香り立ち溢れんばかりに咲き誇ったすがた。
枯れ落ちてゆく気高いすがた。

その時々に放つ一瞬の輝きに感動を覚え
いつしか白い布を染め、創りあげた花・花・花。
感じるままに咲かせた花の名は、染花。

平和への祈りを込め、ここに慈しみの染花を捧げます。

秦碧

Book

慈しみの染花

 

染花(布を染め、花を作る)のアーティスト・秦碧(はたみどり)の作品(染花、器)を千代田路子が撮影、その写真で構成された秦碧の作品集「慈しみの染花」が出版されました。

概要は下記の通りです。

皆様どうぞお手にとってご覧いただければ、幸いです。

 

■ 著者:秦碧(はたみどり) *撮影:千代田路子

■ タイトル:慈しみの染花

■ サイズ:175mm(横)×215mm(縦)

■ ページ:68ページ(表紙除く)

■ ハードカバー

■ 価格:2,600円+税 *送料別途

本に関するお問い合わせ、お買い求めは、下記のボタンよりメールをお願いいたします。