プロジェクトについて

書家・後藤真水は長年、新潟県長岡市を拠点として書の制作と後継者の指導に情熱を注ぎ、95才で亡くなる直前まで制作に励み、膨大な数の作品を残しました。

数多くの作品が、屏風、掛軸、額装などに表装されていたが、できるだけ多くの作品を、何らかの形で残したいというご家族の希望を実現するため、ご家族とともに作品集を制作することにいたしました。

作品

 

書家 後藤真水は、40才の時に北日本書芸院入会し、書家としてスタートしました。

作品は、古今集、新古今集、万葉集、中でも百人一首を数多く題材にして書いています。

紙や表装にもこだわり、美しく華やかな色を好みました。

作品集

後藤親水の書 残照

膨大な作品の中から33点を選び、書の和歌の解説を加え、後藤真水の書の世界を紹介すします。

書家ゆかりの妙高高原町と長岡市の景色や、愛用した道具の写真も本に掲載しています。優雅なレイアウトと高精細な印刷で、美しい本に仕上がりました。

■仕様

・サイズ:横23cm 縦24cm

・ページ:56ページ

・用紙 :ラスター

・表紙 :クロス貼り、箔押し

・印刷方式 :インクジェットプリンター

*非売品

■制作チーム

・発行者:後藤雅博、後藤清恵

・企画・写真・動画・ウェブサイト :千代田路子

  URL : http://michikochiyoda.com 

       http://samurai-foto.jp/member/chiyoda/chiyoda.htm

  Instagram : https://www.instagram.com/michiko_chiyoda/

​・デザイン:にしつじなお

・文章・作品説明:後藤雅博、後藤清恵

・作品説明協力:平沢澄子、金井万沙枝

​・略歴協力:北日本書芸院

・印刷・製本 :ジャパンクリエイト株式会社

  URL : http://www.art-books.jp/

動画

 

後藤真水の作品を書家が生涯を過ごした町の自然豊かな景色、​道具などと合わせて動画で紹介します。

© Michiko Chiyoda